■引越しのために断捨離 コツ

せっかく引越しをするのなら、この機会に断捨離を敢行しましょう! 学生引越し、一人暮らしは子供から大人へのステップアップ!
「引越し先に持って行くもの」「置いていくもの」「捨てるもの」「売るもの」 身の回りの物を分類していきましょう。

◆使っていないもの

昔使っていて今や全く使っていないものはありませんか?
よく言われるのが、「1年以上使っていないものはこの先も使わない!」
この先も使わないというのは言い過ぎだとしても、そんな頻度でしか使わない物を家に置いておく必要があるのか…というのは甚だ疑問ですね。

少し前に話題になった「こんまり」こと近藤麻理恵さん発案の『ときめかないものは捨てる』という考え方による断捨離術。
これはかなり効果的で、片付けをしていてパッと手に取った時に「あ、懐かしい…」とか「これは捨てられない!」と胸を動かされた時は大事なものなので捨てず、手にとっても「あーこんなものあったなー」くらいの低い感動だったときはバンバン捨てちゃいましょう、ということです。
これを続けていくと本当に大事な思い出の詰まった物だけ手元に残っていくのでおすすめですよ~。

◆処分方法

●捨てる
断捨離しようと思ったらまず部屋に大きいゴミ袋をドーンと置いて要らない物をバンバン入れていきましょう。
基本的に「捨てようか迷った場合は捨てる!!」というのが断捨離のコツではありますが、それでも断ち切れない人は迷い箱や、既に荷造りのためのダンボール箱に持って行くものを詰めていってもいいかもしれません。
優柔不断さに自信のある人は(笑)、まず「要る・要らない」を分けて、それが終わってから「持って行く・持って行かない」に分ける作業に移った方が捗るかと思います。

●売る
捨てるのがもったいない、まだ使えるよ~という物は売って引越し資金の足しにしましょう。

●ヤフオク
引越しまで時間がある場合はヤフオクなどオークションサイトなどを利用すると高値が付く場合があります。ご存知ヤフオクではマニアックな物、高値で売れることを確信しているものなどを売るのが特におすすめです。


●メルカリ
メルカリはフリーマーケット型のスマホアプリで、オークションとは違い出品者が売値を提示した上で買い手を探します。
買い手からの値引きも可能で、こういった値引きのやり取りに数日かかったり、ユーザーが多く出品数も莫大なのでそもそも買い手が現れるまでに時間がかかるため、ヤフオクと同じく実際に売れてお金が手元に入ってくるまで時間がかかります。
引越しまで日数がある場合は地道に出品してみると他のやり方より高値で売れることがあるので余裕を持って断捨離を始めると良いですね。
基本的になんでも売りに出せますし割とどんなものでも買い手がつきやすいのが特徴ですが、本・漫画は一冊のみだと難しい傾向がありますかね。(Amazonの古本販売が格安のため)
ただ、本・漫画は全館揃っていたりシリーズをまとめて売ったりすると、ブックオフなど古本屋に売るより高く売れますし、買い手としても古本屋で買うより安く買うことができることが多いため売る場合も買う場合もおすすめです。


●ブックオフ
最近営業難ということも話題になっていますが、ブックオフは如何せん買取額が安い!ですね。
なので安くてもいいのですぐお金にしたいときや本を捨てようと思っているときはとりあえずブックオフに持ち込んでみると良いと思います。
状態が良くないと値段がつかないことも多々ありますし、漫画・文庫本などは流行の物でなければ5円、10円での買取は当たり前なので覚悟していったほうがいいです。
私個人の経験としては人物ではない写真集(風景、動物など)や専門書は高値がつくことが多いと思います。
その他の文庫やハードカバーのものは、貴重な物であろうとその辺りの価値は考慮してもらえず、状態のみで判断されたり普通の一般書や小説と同じ扱いを受けるのでマニアには価値があるものや絶版になっているものなどはメルカリやヤフオクを利用することをおすすめします。

その他リサイクル品を回収するお店は沢山ありますので、まずは家の近くにないかどうか探してみるといいですね。


●譲る(友人など)
どうせ大事なものを処分しなければいけないなら、大事な人に譲れたら一番いいですよね。もし譲り手が見付かりそうな物ならFacebookなどSNSに写真をアップして貰い手を探してみてはいかがでしょうか。実際私はFacebook上で炊飯器のやり取りをしている友達を見たことがあります(笑)住んでいるところが近ければ手渡しも可能ですし、期間を限定して募集してみるなどすれば貰い手が見付からなくても別の処分手段を考えられますし試してみる価値はあります。


●ジモティー
Facebookで譲るのと考え方が似ていますが、ジモティーとはこの不用品のやり取りをソーシャルに行うものです。
掲示板に譲りたい物や詳細を記入するとその商品を欲しいという人から連絡が来て、料金、受け渡し方法を当事者間で相談し、取引するというものです。
ジモティーという名前の通り、基本的に地元の人との直接取引なので送料がかからないことと、「使える物を捨てるのはもったいない、けど周りにちょうど欲しがっている人もいない」といった時に広く貰い手を探せるので便利です。

◆引越し断捨離のメリット

もちろん新生活に向けて気分一新、といった効果もありますが、一番は引越し費用を安くおさえることができるところです。
やはり引越し荷物が多ければ多いほど料金はかさんでいきますから、これを機に冷静に持って行く物を見極めることが大切です。
また物が多すぎなければ引越し先の新居での片付けも楽になりますし、新居で新しく何を買えばいいのかということも見えてきます。

最近では「物を捨てたい」「物を安く買いたい」という、両方のニーズに合わせたツールが沢山登場していますから、こういったものを利用しない手はありません。
ただこういったツールはいずれも余裕を持ってやり取りすることが重要なので、引越しが決まったらちょこちょこ手を付けていきましょう。