引越し業者を決めるポイント

大学入学に合わせて一人暮らしをすることになったという人が多いかと思いますが、この3~4月というのは一年で一番引越し件数が多い時期となっています。
そのため引越し料金も通常シーズンより割高になっていて、コツを知らなければ全く割引くことができずに損をしてしまうことがあります。
なのでこの人気シーズンに少しでも安く引越しができるように、ポイントをお伝えしますね~。

◆一括見積もりサイト

以前の記事と重複しますが、どこの引越し業者にお願いしたらいいか分からないという人のために一括見積もりサイトというものが存在します。
これは、現住所、転居先の住所、引越し人数、引越し予定日、希望時間帯、大体の荷物量などを入力すると数百社の引越し会社の中から適した10社程度に絞ってくれるというもので、業者を決める一番最初の段階として多くの人が利用しています。 その10社の中から更に2~3社程度に絞っていきましょう。

◆学割パック

ほとんどの引越し業者が学生用の学割パック(学生向け引越しプラン)を用意しています。
荷物量や移動距離によって引越し料金は大幅に変わるため一概には言えませんが、基本料金と比べると学割だと大体1割ほど値引きになることが多く、生協と提携している業者であったりするとさらに安くなります。

更に学生引越しだと大体の荷物量も想定できるということから、訪問見積もりをしなくても済む定額の学生パックを用意しているところもあります。
基本的には訪問見積もりで実際に荷物を見てもらいながらいくらかかるか料金を出してもらうのが良いのですが、合格発表後入学まで時間が無い場合や、試験と被ってしまうなんて時には便利です。

◆訪問見積もり

一括見積もり比較サービスを利用して業者を絞ったら、残った2、3社に連絡を取り訪問見積もりをお願いしましょう。
訪問見積もりとは、営業マンに自宅まで来てもらい引越しで異動させたい荷物を実際に見てもらい見積もり料金を出してもらうというものです。
1社につき1時間半~2時間ほどの目安で、
家財・荷物をチェック→料金を出してもらう→値段交渉をしていくという流れで、出してもらった見積もり書を他社と比べる場合は、その旨を伝えて同じ手順で他の業者に訪問見積もりをしてもらいます。

メリットとしては、実際に見てもらうので確実な料金が出ること、対人なので話し合って料金を値引いていけること、荷造りの仕方などアドバイスがもらえることなどです。 他社の料金を知ることは値引きの材料にもなりますし、営業マンと話すことで会社自体の雰囲気も分かるので引越し当日の対応の想像材料にもなります。

デメリットとしては営業マンに流されないようにしないとうまく乗せられてしまう点、また複数社で見積もりをするということはどこかしらにはお断りの連絡をしないといけないところです。 よく複数社の営業マンに同じ時間に来てもらい一度に訪問見積もりをしてもらう、という話を聞きますが、これは一応業界でマナー違反ということになっているらしいので断られることもあり、おすすめしません。

◆電話見積もり

電話見積もりとはその通り訪問などではなく電話での対応のみで見積もりを取ってもらうことで、特に単身、学生の引越しなら電話だけで料金を出してもらう事が出来ます。
上記の見積もりサイトで記入した情報に加えて、具体的な荷物(さらにダンボールに入る荷物と入らない荷物に分類)、ダンボールはいくつになるか、家具・家電などのサイズなどを先方に伝えます。
電話料金はフリーダイヤルで業者側が負担してくれることがほとんどですが、電話見積もりだとどれくらい時間がかかるかわからないことと、正確な情報を伝えないと引越し当日に伝え漏れや間違いがあった時にすべて自分の責任になることなどがあり、可能であればやはり訪問で見てもらうのがいいかなと思います。

◆各社のサービス・キャンペーン比較

各社特定の条件で特典がつくことがあります。


・アート引越センター…学割パック利用の場合カーテンプレゼント
・アーク引越センター…訪問見積もりでファブリーズ、ボールド、ジョイコンパクト
・アリさんマークの引越社…訪問見積もりで日用品やクーポン券
・クロネコヤマト引越センター…会員のみ見積もりするとミニカー
・サカイ引越センター…訪問見積もりで「ひとめぼれ(米)」、Pontaカード利用可


これは一部にすぎませんが、訪問見積もりをすると特典がつくところが多いですね。
Ponta、WAON、楽天などのカードのポイントが付く会社も多いのでその点も併せてチェックしておきたいです。
キャンペーンでごまかし「この特典がついてこの値段か」と思わせて少し割高な料金を持ちかける業者もあったりするので、基本的には価格比較をメインに、2社で迷っている時や最後の決め手に欠ける時などにこういったサービスも参考にしてみてください。

 

また、少しでも早いうちに契約すること、土日などの忙しい時期を避けることなどで少しでも引越し料金を安くおさえることができます。
値切りに関してはやらなきゃ絶対に損!で実際値切って安くなったという口コミは多いので、ぜひ訪問見積もりサービスを利用して交渉してみてください。